Windows10の更新プログラムについて

まずは、オフィスソフトですが、Microsoft Office2007をお使いの方は、
サポートが切れる10月10日までに、新しいバージョンに入れ替えをお勧めします。

OSのwindowsにつきましてはVistaも期限が切れており、
windows10が無償で配信されてから、以下のようなバージョンがリリースされています。

 

更新プログラムはマイクロソフトが3月と9月の年2回に定期的に行います

Windows 10は、2015年7月29日に最初に公開された後、

November Update」→「Anniversary Update1607
Creators Update」へと進化してきています。

留意しておかなくてはいけないのは、
Windows10の各バージョンのサポート期間が18カ月という点です。

新しい「機能性更新プログラム」が公開された後、4カ月が経過すると、
そのアップデートは「製品」として扱われます。
それより2バージョン古い「旧製品」は、60日間の猶予期間の内に、新しい機能アップデートへ更新する必要があります。
すでにWindows10の最初のバージョン(1507)のサポートは終了し、
November Update(1511)のサポートも2017年10月に終了します。

自身のPCのバージョンを確認する手順は以下です
1.画面左下「スタート」をクリック
2.「設定」➡「システム」➡「バージョン情報」をクリック

最新のバージョンは1703 15063.540ビルドです

参考ページ「Windows 10 のリリース情報 」
https://technet.microsoft.com/ja-jp/windows/release-info

バーション  公開日  サポート終了日

1703
Creators Update 

2017年4月12日 2018年9月

1607
Anniversary Update 

2016年8月2日  2018年3月
1511
November Update 
2015年11月12日 2017年10月
1507
最初のバーション
2015年7月29日 2017年5月